節約と金運の話

どんな時も良い人になる

他人が嫌がることや人助けをすると徳を積むことができ、運気や金運のアップにつながるだけでなく、人間としても成長することができると言われています。どんな時でも良い人になるのはなかなか難しいですが、慣れてしまえば簡単にできるのでぜひ実践してみましょう。

毎日の生活の中には良い人になれる時がたくさんあるので紹介します。

  • 悪口は言わない
  • 道端のごみを拾う
  • お年寄りに手を貸す
  • お年寄りや妊婦さんに席を譲る
  • 落し物を拾い届ける
  • 小さな虫でも必要な時以外は殺さない
  • 寄付をする
  • 困っている人がいたら助ける
  • 運転中は譲り合う、あおられたら道を譲る
  • 人が嫌がることを進んで行う

など、様々な場面で良い人になることができます。はじめからすべての事をするのは難しいので、自分のできる事から始めてみましょう。恥ずかしいと思うこともあると思いますが、何度も繰り返し行うことで慣れ恥ずかしさも軽減します。

良い行動をして失敗をしたり逆に迷惑をかけてしまう事があるかもしれません、後悔する必要はありません。反省し次回に生かせるようにしましょう。良い行動は人に迷惑にならない程度に、人には言わないことが大切です。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲