節約と金運の話

ドレッシングや麺つゆは手作りで節約

ドレッシングや麺つゆは手作りで節約、挿絵売られているドレッシングや麺つゆはおいしくて便利ですが、開封後は賞味期限が早いので使い切れずに捨ててしまうことが多いのではないでしょうか?ドレッシングや麺つゆは自宅に有る調味料で簡単に作ることができます。しかも、値段もできた物を買ってくるよりとても安く済みますし、量も調節できるので無駄になることがありません。また、調味料の量を調節してそれぞれの好みに合った物を作ることができます。ぜひ基本の作り方を覚えていろいろとアレンジしてみましょう。下記にはドレッシングや麺つゆなどの基本のレシピやアレンジ方法を紹介しています。

基本のフレンチドレッシングのレシピ

材料:サラダ油1:酢(ビネガー)0.5〜1 + 塩、コショウ、砂糖

作り方:サラダ油と酢をしっかり混ぜる。泡だて器で混ぜたり密閉容器に入れ振り混ぜると作りやすいです。塩、コショウ、砂糖を入れて味を整えたら出来上がりです。 カロリーが気になる場合は油の量を減らしたり

いろいろなドレッシングのレシピ

和風ドレッシングは基本のフレンチドレッシングに醤油をプラスします。
中華ドレッシングは基本のフレンチドレッシングに醤油とごま油やラー油をプラスします。
胡麻ドレッシングは基本のフレンチドレッシングに醤油とすりゴマや練りゴマを プラスします。マヨネーズを足してもおいしいです。
玉ねぎドレッシングは基本のフレンチドレッシングにすりおろした玉ねぎをプラスし少し寝かせて味をなじませます。

ドレッシングのアレンジ材料

すりおろした野菜(ニンジン、玉ねぎ、大根など)、すりおろした果物(レモンやゆずなどの柑橘類、りんごなど)、大葉、生姜、ニンニク、わさび、唐辛子、マスタード、ネギ、はちみつ、梅、海苔、マヨネーズ、粉チーズ、ハーブなど。

その他に酢をレモン汁、ワインビネガー、リンゴ酢に替えたり、サラダ油をオリーブオイル、グレープシードオイルに替えるなどのアレンジ方法も有ります。

麺つゆのレシピ

麺つゆは『醤油1:みりん1:だし汁4』の割合で作ります。まずみりんを沸騰させアルコールを飛ばします。火がでることがあるので気を付けましょう。その後醤油とだし汁を加えてひと煮立ちさせたら出来上がりです。だし汁は顆粒のだしの素を使用したり、最後のひと煮立ちさせる時に鰹節を加えたりなど作りやすい方法で作りましょう。甘めが好みの人は砂糖を少し加えて作ります。

調味料を手作りして節約、挿絵マヨネーズのレシピ

卵(室温)1個、塩小さじ1/2〜3/4、お酢大さじ1〜2をしっかりと混ぜ合わせ、カップ1程度の植物油を少しずつ混ぜ合わせる。はじめに少量の油をしっかり混ぜて乳化させると分離が起こりにくくなります。分離した場合は冷蔵庫に入れ一晩おいてからもう一度混ぜ合わせる。砂糖を少し加えるとまろやかになります。

上記のようにドレッシングや麺つゆなどは家にある調味料で簡単に作ることができます。市販のものを買ってくるよりはるかに安くで節約ができます。初めは慣れないので面倒と思うかもしれませんが、何度も作るうちにコツがつかめ、自分のお気に入りの味にアレンジできるようになるので頑張って挑戦してみましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲