節約と金運の話

ストレスのない楽しい節約術

まずは目標や夢を決める

まず節約をする前に自分は何のために節約をするのか考えてみましょう。
ストレスのない節約術、挿絵 「マイホームを建てたいから」
「教育資金や老後の資金をためたいから」
など節約をする理由は人によって様々だと思いますが、節約をする前にまずは目標(夢)を決めることが大切です。目標はあまりに高すぎると、ストレスや挫折の原因になってしまうので、必ず達成できる見込みがある事にしましょう。ただあてもなくただ節約するだけでは、あまりやる気が起こらないので、目標を決めるのはとても大事な事です。

目標が決まったら次は節約をするうえでの心がけですが、『節約生活=とにかくケチる』と言う節約生活では何の楽しみもないので、ストレスがたまってしまい長続きしなかったり、イライラが爆発して大金を使ってしまったりということになりかねません。そうならないためには楽しみながらできる節約を心掛けましょう。

節約する、節約しない項目を仕分けする

楽しく節約生活をしていくためには、節約する部分と節約しない部分を分けることも大切です。外食が好きな人は外食費を多めに設定したり、ドライブが好きな人はレジャー費を多めに設定したり、自分や家族が必要だと思う部分はあまり節約をしないようにし、その分、必要でない部分を節約するようにしましょう。必要だからと夢や目標を後回しにしないように設定することが大切です。

家族の理解、協力は必須!

家族で暮らしている人は無駄なく節約をするために家族の協力が欠かせません。一人で頑張って節約をしても、家族が無駄遣いしていれば何の意味もないですし、無駄遣いしている家族を見ているとイライラして、家族の雰囲気も険悪になってしまいます。家族に協力してもらうためには家計の現状と今後の計画を知ってもらう必要があります。家族も現状を知ることで節約をすることの必要性がわかり、節約に協力的になってくれるでしょう。また、節約の成果をしっかり家族に伝えるようにしましょう。そうすることで、家族もやりがいを感じることができ、一体感が増しさらにコミュニケーションも増えるので家族の仲も良くなることでしょう。

家族で話し合うポイントストレスのない節約生活、挿絵

  • 現在の家計の状況
  • 無駄遣いをしていると思うところ
  • 節約ができそうなところ、節約してもよい所
  • 節約が無理なところ、節約をしない所
  • これからのライフプラン
  • 年間貯金額、将来の貯金予定額

などを家族で話し合いましょう。話し合う前に家計の状況や参考資料などを用意すると話し合いがスムーズに進みます。話し合う際は押しつけるような話し方ではなく、みんなの意見をしっかりと聞きながら進めるようにしましょう。楽しく節約ができるように頑張りましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲