節約と金運の話

無駄な物は買わない方法

無駄な物は買わない方法、挿絵今までに安いからとたくさん購入し、結局使わずに捨ててしまったという経験をした人は多いと思います。特に節約をしている人ほど、安さにひかれて買ってしまう傾向にあります。お金が上手に貯められる人の多くは、無駄な物は買わず良い物を大切に長く使う習慣が身についていて、家も無駄な物が無く整理整頓されています。ここではどんな物が無駄につながるのか、無駄な買い物をしないための方法を紹介しています。

見切り品やセール品に気を付ける

見切り品やセール品はとても安いので魅力的ですが、食料の場合買い過ぎてしまうと使い切れず捨ててしまったり、味に飽きてしまったりなどで結局捨ててしまうことがあります。たくさん買いたい気持ちを抑えて、使える量を購入するようにしましょう。特に冷凍できない野菜類や消費期限の近い物には気をつけましょう。

衣料品の場合、セール品は必ず来年も着られるデザインで、気に入った物だけを買うようにしましょう。好みではない物や『着られそう』と思っただけでは買わないようにしましょう。買う場合はスタンダードなデザインを選ぶと、長く使うことができます。セール品は良い物の場合すぐに売れてしまうので、焦りを感じ正常な判断ができないまま買ってしまうこともあるので、そうならないために、迷ったら買わない方がいいでしょう。

お腹が空いているときに買い物に行かない

お腹が空いているときに食べ物を買いに行くと、いろんなものが美味しそうに見えてしまいます。つい買う予定にない物まで買ってしまわないように、食後に買い物へ行くようにしましょう。

財布には最低限のお金だけ入れる、カードの限度額を下げる

財布にお金が入っているとつい買い過ぎてしまうことがある人は、使うと決めた額だけを入れて買い物に行くようにしましょう。また、カードも同じように限度額が高めに設定してある場合は、できるだけ低めに設定し、使い過ぎてしまわないように事前に対策をしましょう。

家電製品は保障の有る物選ぶ

最近は安い家電製品がたくさんありますが、あまりに安い物と中には保障がない物や、壊れやすい物があります。そのような家電製品を買ってしまうと、安物買いの銭失いになってしまう可能性が高いので、家電製品を買う場合は保障があり、しっかりしている物(レビュー等を参考にする)を選ぶようにしましょう。家電製品は店によって値段や値引き額が変わってくるので、気に入ったからとすぐに購入せず、何店舗か回って見たりインターネット通販で探してみるとさらに安く購入できることも有ります。家電製品は長く使える良い物を選ぶようにしましょう。

無駄な物は買わない、挿絵無理なローンを組まない

車や家電製品を購入するときは、なるべくローンを組まずに購入できる物を選ぶか、前もって購入代金を貯めてからにしましょう。無理なローンを組むと家計を圧迫し、赤字になり破たんしてしまうかもしれません。また、生活やお金にゆとりがなくなると心にもゆとりがなくなる人が多いので、無理なローンだけは避けましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲