節約と金運の話

毎日続けて健康!医療費を節約しよう

健康生活で節約体調を崩しやすいと医療費がかさみ、節約を頑張っても意味がなくなってしまいます。毎日少しの心がけや健康になれる習慣を身に付け、体を健康に保ち医療費がかからない生活を送りましょう。病は気からと言うように、心が病んでいると病気に罹りやすくなるので、いつも前向きに無理のない節約生活を楽しみましょう。

下記には体にいいとされている主な食べ物を紹介していますが、健康にいい食べ物でも摂取し過ぎると、体に悪影響が現れることがあるので、適度に続けていくことが大切です。続けられそうな物を選び健康生活を送りましょう。

基本は食事の栄養バランスと適度な運動

毎日の食事はできるだけ栄養バランスを考えて作るようにしましょう。太りやすい脂質は控え目にし、野菜を多く取り入れ肉より魚を多く食べるように心がけましょう。食べる時間もできるだけ毎日同じ時間にし、夜遅くや眠る直前の飲食は控えましょう。

運動も毎日少しでも続けるように心がけましょう。運動と言っても水泳やジョギングなどではなく、ラジオ体操1回や10〜20分程度のウォーキングで十分です。毎日無理のない程度に少しずつ続けていくことが大切です。

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、腸内環境の改善に役立ちます。腸内環境が良くなると免疫力の向上や便秘の解消、がんの予防につながります。ヨーグルトは生きて腸に届く菌の物がおすすめで、1日に200g程度摂取するが望ましいとされています。ですが、毎日摂取するとなると金額が気になります。そこで、ヨーグルトメーカを使い自宅でヨーグルトを作ると、ちょっと値段が高い腸に生きて届く菌でも毎日続けて食べられると思います。ヨーグルトを自宅で作る際は衛生面に気をつけましょう。

大豆

大豆には食物繊維、ビタミン、カルシウム、鉄など様々な栄養が含まれている他に、更年期障害や骨粗しょう症などに有効なイソフラボン、コレステロールの低下や細胞の活性に有効な大豆レシチン、抗酸化作用のある大豆サポニン、腸内環境の改善に役立つオリゴ糖なども含まれている栄養価の高い食べ物です。

大豆料理は煮豆、サラダ、スープ程度しかないですが、大豆加工食品には豆腐、納豆、あげ、味噌、きな粉などたくさんあるので、毎日続けて摂取することができます。健康のために毎日少しずつでも食べるようにしましょう。

健康生活の方法お酢

お酢には健康に役立つ酢酸やアミノ酸が含まれています。お酢には疲労回復、カルシウムの吸収を促進、血圧の上昇を抑える、血糖値の急上昇を抑えるなど健康に役立つ様々な働きがあります。お酢だけで摂取すると酸っぱくて飲み辛いので、料理に使用したりサワードリンクでの摂取がおすすめです。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲