節約と金運の話

自分に合った家計簿の付け方

家計簿の付け方、挿絵節約をするために家計簿は欠かせない存在ですが、家計簿をしっかり記入していくのはとても面倒で、細かな作業が苦手な人にとっては節約以前に家計簿にストレスを感じてしまい、節約生活が長続きしなくなってしまいます。そのような場合は、簡単に家計を管理できる袋分け家計簿から始めて見ましょう。

簡単袋分け家計簿の付け方

袋分け家計簿とは給料日や月初めに費用ごとの予算を袋に分けて入れ、やりくりしていく方法です。袋は記入できる茶封筒や銀行でもらえる封筒を利用しましょう。毎月同じ封筒を利用する場合はそれぞれの封筒に毎月の予算の内容を記入しておきましょう。いちいち家計簿に記入するのが面倒な場合は、封筒に出費の内容を記入し封筒自体を家計簿代わりにし、月末にまとめに計算しましょう。袋分け家計簿のやり方は自分のしやすい方法で続けていきましょう。

もっと簡単!レシート家計簿の付け方

袋分け家計簿の他に簡単な家計簿の付け方は、レシートを1週間分とっておき週末にまとめて家計簿を付ける方法です。細かく仕分けして記入するのが面倒な人は、レシートそのまま張ってしまう方法も簡単なのでおすすめです。財布に現金がまとまって入っているとつい使ってしまう人は、1週間分の予算だけを財布に入れるようにしましょう。

費用項目を細かくし過ぎない

家計簿で一番面倒なのは費用分けで、細かく分け過ぎると記入や計算が面倒で嫌になり挫折してしまうこともあるので、そうならないためにある程度項目はまとめるようにしましょう。細かく記入しない場合は、後から何に使ったのかわかるようにレシートを取っておくと便利でしょう。また、計算状の残金と実際の現金が合わない事も挫折の原因になりますが、多少合わなくても気にしないことが大切です。残金と現金を合わせるにはレシートをすべて取っておいたり、小さな出費等は面倒でもメモ帳などに記入しておくように工夫しましょう。

家計簿は自分に合った方法で家計簿の付け方

家計簿は自分に合った方法で続けていくことが大切です。几帳面に細かく書いたりまとめたりするのが好きな人は大学ノートに自分だけの家計簿を作ったり、とにかく簡単に済ませたい人は市販の簡単に記入できる家計簿帳を購入したり、パソコンが得意な人はエクセルや家計簿ソフトなどを利用するなど、それぞれ自分に合った方法を見つけましょう。いろいろ試してもやっぱり家計簿が苦手と思った人は、家族に手伝ってもらいましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲