節約と金運の話

使わなくなった衣類を再利用して節約

伝線して履けなくなったストッキングや首が伸びてしまったTシャツなど使えなくなった衣類は、ひと手間加えるだけで掃除や日用雑貨として再利用することができます。下記には主な再利用方法を紹介しています。参考にして掃除の消耗品代や日用品代を節約しましょう。この他にも使わなくなった衣類にな様々な使い道があるので、それぞれの家庭にあった使い方で地球にやさしいく楽しい節約生活をしてみましょう。

ストッキングの再利用例

  • ストッキングの中に使わなくなったシャツやタオルを詰めて端を縛るとガラスや車、鏡等を拭くスポンジになります。乾いたままでも濡らしても使えます。
  • ストッキングの中にジャガイモや玉ねぎ、球根などを入れて縛るを繰り返すと、野菜の保存袋になります。つりさげて使います。
  • その他には何本か束ねてはたき、金束子のカバー、排水溝のごみネット、モップやハンガーにかぶせてほこり取り、天日に干したシリカゲルやコーヒーの出し殻を乾燥させたものを入れて下駄箱やクローゼットに入れる、など様々な使い道があります。

伝線したストッキングの再利用法

古着の再利用例

  • 綿のシャツやカバーなどは細かく切って雑巾(ウエス)として掃除に使う
  • 古くなってボリュームがなくなったクッションや座布団の中綿、ぬいぐるみの中綿
  • きれいな物は枕やクッションカバー、花瓶や人形などの敷き物、子供服などに縫い直す
  • 揚げ物の油を捨てる際に吸い取って捨てる
  • 油や醤油などの下に敷いたり、土が付いた野菜の下に敷き汚れたら捨てる

使い古した衣類の再利用法

その他に靴下は雑巾として使ったり、中に棒を入れてドアや窓の溝を掃除することができます。衣類についていたボタンは取り外して保管しておくと、ボタンを落とした時に代替品として使えますし、服やバックなどを作るときにも使えます。

衣類を掃除用として使う場合はもったいないからと捨てずに洗って何度も使用していると、洗剤代や水道代がかかってしまい次から次へ掃除用として使う衣類が溜まっていってしまうことがあります。そういう場合は思い切って次から次は使うことも大切です。上手に衣類を再利用しましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲