節約と金運の話

食材を上手に保存して節約 〜肉、魚、ご飯類〜

肉類、魚類、ご飯類もそれぞれに保存に適した温度や保存方法があり、ひと手間加えることで食べる時まで美味しく保存できます。上手に保存することで無駄に捨ててしまうことも減り、食費の節約につながります。冷凍保存するときは調味料を加えたり、カットしたりするだけで調理する時の手間を省くことができます。下記には主な保存方法を紹介しています。上手に利用して節約生活に役立てましょう。

肉や魚は冷蔵庫で保存する場合は記載してある消費期限を守りましょう。冷凍した場合の賞味期限は2〜3週間です。冷凍していてもだんだんと品質は低下していくのでできるだけ早く消費するようにしましょう。もったいないからとどんどん冷凍ばかりしていると、無駄な食材の電気代を支払うことになってしまうので、冷凍している物を確認して使い切るようにしましょう。

肉類(ひき肉、細切れ肉)の保存方法

ひき肉や細切れ肉はドリップ(肉から出た汁)を取り除き肉の表面の水分も取ります。ラップやジッパー付きの袋などに入れ、できるだけ空気に触れないようにします。冷蔵庫のチルド室かパーシャル室で保存します。冷蔵庫で保存する場合は傷みやすいので早めに使いましょう。

ひき肉や細切れ肉の保存方法冷凍保存する場合は、冷凍庫の中にアルミ板や金属製のトレーやバットなどを入れて冷やしておきます。ひき肉や細切れ肉のドリップを取り除き、肉についている水分も適度に拭き取ります。まとめてフリージングパックに入れて平らにするか、ラップで小分けにします。まとめて入れた場合は冷凍後に分けやすいように箸などで分け目を付けておくと便利です。冷凍庫で冷やしておいたアルミ板や金属製のトレーやバットの上におき冷凍します。上からもアルミ板や凍った保冷剤などをおいて早く凍らせると、美味しさを保つことができます。凍ったらフリージングパックなどに入れ密閉し冷凍庫で保存します。

ひき肉は調理をしてから小分けにして保存するといろいろな料理に使えるので便利です。細切れ肉の場合は前もって調味料に漬けた状態で保存すると、調理した時に味が良くしみ込んで美味しく食べられます。

肉類(ステーキ肉、薄切り肉、ブロック肉)の保存方法

ステーキ肉や薄切り肉の保存方法ステーキ肉や薄切り肉はドリップ(肉から出た汁)を取り除き肉についている水分も適度に拭き取ります。ステーキ肉の場合は1枚、薄切り肉の場合は数枚ラップに包みできるだけ空気に触れないようにします。まとめてジッパー付きの袋に入れ冷蔵庫のチルド室かパーシャル室に入れて保存します。

冷凍する場合は上記のひき肉や細切れ肉と同じように下処理をし、ラップ等でできるだけ空気に触れないように平らな状態にします。冷やした金属製のトレーバット等を使用して冷凍をします。凍ったらフリージングパックなど密閉できる袋に入れて冷凍庫で保存します。冷凍し始めたら冷凍庫の開け閉めも極力控えましょう。薄切り肉は冷凍前に調味料に浸しておくと調理する時に手間が省け、味がしみ込むので美味しく食べられます。

ブロック肉を冷凍保存する場合は、切り分けてからステーキ肉や薄切り肉と同じように冷凍しましょう。塊のまま保存したい場合は、茹でるなどの調理をしてから冷凍しましょう。

鶏肉(胸、もも、ささみ)、魚の切り身の保存方法

鶏肉や魚の切り身はドリップ(肉や魚から出た汁)を取り除き、肉や魚についているドリップも適度に拭き取りラップで肉が空気に触れないように包み、ジッパー付きの袋に入れ冷蔵庫のチルド室かパーシャル室に入れて保存します。

冷凍する場合はドリップ(肉や魚から出た汁)を取り除き、肉や魚についているドリップも適度に拭き取ったらラップで肉や魚が空気に触れないように包みできるだけ平らな状態にします。冷凍庫で冷やしたアルミ板や金属製のトレーやバット等を使用して冷凍をします。上からもアルミ板や凍った保冷剤等で冷やすとさらに早く凍らすことができます。凍ったらフリージングパックなど密閉できる袋に入れて冷凍庫で保存します。冷凍し始めたら冷凍庫の開け閉めも極力控えましょう。

魚の干物の保存方法

魚の干物は一枚ずつラップでできるだけ空気を抜いて包みます。何枚かまとめてジッパー付きの袋に入れ密閉し、冷蔵庫のチルド室かパーシャル室で保存します。

冷凍する場合は1枚ずつラップで包み、冷凍庫で冷えたアルミ板や金属製のバットやトレーの上で冷凍します。凍ったらフリージングパックに入れ密閉し、冷凍庫で保存します。

ウインナー、ソーセージ、ベーコン、ハムの保存方法

未開封の場合は冷蔵庫のチルド室やパーシャル室で保存します。開封後は劣化が早まるのでハムやベーコンは切り口をラップで空気に触れないようにしっかりと包み、冷蔵庫のチルド室やパーシャル室で保存し、消費期限にかかわらず早めに使い切りましょう。

ウインナー、ソーセージ、ベーコン、ハムは冷凍すると品質が劣化するのであまりおすすめはできませんが、ラップ等でできるだけ空気に触れないように小分けにし、アルミ板等を使って急速冷凍してから、フリージングパックで密閉し冷凍しましょう。

ご飯の保存方法

ご飯は炊いてから数時間たったらできるだけ早くタッパーに入れるかラップで包み乾燥を防ぎます。タッパーに詰める時やラップで包む時はあまり抑えつけないようにしましょう。冬場は室内の寒い場所で保存し、夏場は冷蔵庫で保存します。しばらく食べないとわかっている場合は早めに冷凍保温しましょう。

冷凍する場合はラップに一膳分を平らにし空気が入らないように包みます。冷凍庫で冷やしたアルミ板や金属製の板の上に並べて冷凍します。凍ったらフリージングバックで密閉します。炊きたてのご飯を冷凍するときは、湯気が出ている状態でラップで包み、荒熱が取れたら冷凍庫で冷凍します。

麺類の保存方法

麺は水を切り1人前ずつラップでできるだけ空気に触れないように平らに包み、冷凍庫で冷やしたアルミ板や金属製のトレーやバットの上で冷凍します。凍ったらフリージングパックに入れて密閉します。冷凍中は冷凍庫の開け閉めはできるだけ控えましょう。

パンの保存方法

パンは常温で保存できますが、夏場はできるだけ涼しい場所で保存しましょう。食べきれないときはできるだけ早く冷凍するようにしましょう。

冷凍する場合はパンは1枚ずつラップで空気をできるだけ抜いて包みます。まとめてフリージングパックに入れ密閉し冷凍庫に入れて保存します。冷凍する前にパンにバターを塗っておくと便利です。冷凍したままトーストして食べることができます。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲