節約と金運の話

食材を上手に保存して節約 〜野菜類〜

食材にはそれぞれ保存に適した温度や保存方法があります。食材を上手に保存しておくと日持ちがとてもよくなり、おいしく食べられる期間も延びます。また、腐らせて無駄に捨てることも少なくなり食費の節約につながります。下記に主な食材の保存方法を紹介しています。つい、安くて買い過ぎてしまった時やたくさんもらいものをした時などに役立てましょう。上手に保存していてもやがて痛んでしまうので、傷みそうな物から食べるように献立を工夫することも大切です。

キュウリの保存方法

キュウリの表面を水で洗い水気をきれいに拭き取ります。乾いたキッチンペーパーや新聞紙で1本ずつ包んでから、1本ずつまたは数本まとめてラップで包むかビニール袋に入れなるべく空気が入らないようにして冷蔵庫の野菜室で保存します。キュウリを包む物はティッシュでも代用できます。ペーパーやティッシュが湿ってきたら取り替えるようにしましょう。キュウリは濡れていると腐りやすいので気をつけましょう。

キャベツの保存方法

キャベツの保存方法キャベツは図のように芯の周りに包丁を中心に向かって刺し、芯をくり抜きます。脱脂綿やキッチンペーパー、ティッシュに水を含ませて、くり抜いた部分に詰めます。キャベツを丸ごと大きめのビニール袋に入れるか新聞紙で包み冷蔵庫の野菜室で保存します。購入時にラップで包んであった場合はラップを剥がします。詰めた物が乾く前に新しい物に詰め替えましょう。使うときは外葉から順番に剥がして使います。キャベツは水分を保つことが大切です。すでにカットしてある物を購入した場合は切り口から水分が蒸発してしまうので、ラップで包むかビニール袋で密閉し、早めに使い切るか千切りやざく切りにして冷凍保存をしましょう。

大根の保存方法

大根は葉から水分が蒸発していくので購入後早めに葉を残らず切り落とします。少し湿らせた新聞紙かラップに包んで冷暗所で保存します。土が付いている場合は新聞紙で包んで冷暗所で保存します。大根は葉の生えていた部分を上にして立てて保存します。大根がカットしてある場合はラップで空気が入らないように包み冷蔵庫の野菜室で保存します。大根を冷凍保存する場合は、おろすか細かく切りゆでてからフリージングパックなどに入れアルミ板など鉄の板の上で急速冷凍し冷凍保存しましょう。

ネギの保存方法

ネギの保存方法ネギは枯れた葉を取り除いてから新聞紙で包むかラップで空気が入らないように包み、冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。野菜室に入らない場合は青い部分と白い分で切り分けて保存しましょう。冷凍保存する場合は小口切りにしてフリージングパックなどに入れ、扱いやすいように平らにして冷凍しましょう。固まった状態で冷凍するとネギ同士がくっついてしまい扱いにくくなるので気をつけましょう。切った後にしばらくネギの水気を切ってから保存してもいいでしょう。土付きのネギや根っこが付いているネギは白い部分まで土に埋めておくと長持ちします。

イモ類(じゃがいも、さつまいもなど)の保存方法

イモ類は新聞紙に包んでビニール袋に入れるか、段ボールや麻袋に入れ直射日光があたらず風通しの良い冷暗所で保存します。夏場、冷暗所が無い場合は冷蔵庫の野菜室で保存します。イモに水分が付くと腐りやすくなるので、湿っている場合は乾燥させてから保存しましょう。長期間保存する場合は定期的に湿っていないか確認しましょう。新聞紙が濡れた状態になっていたら替えるようにしましょう。

ごぼうの保存方法

ごぼうは適当な長さに切り、ジッパー付きのビニール袋など密閉できる袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存します。土付きの場合は新聞紙で包み、冷暗所に細い方を下にして立てて保存します。冷凍保存する場合はささがきや薄切りなどにしてからあく抜き、そのまま又はゆでてからフリージングパックに入れて冷凍します。

ニンジンの保存方法

ニンジンはへたの部分を切り落としてから新聞紙やキッチンペーパー等で1本ずつ包み、ビニール袋やポリ袋などに入れて冷暗所で保存するか冷蔵庫の野菜室に入れます。ニンジンは傷みやすいので夏場は冷蔵庫の野菜室に入れます。冷蔵庫の野菜室に入れる場合は新聞紙やペーパーは少し湿らせたものを使うと萎びてしまうのを防げます。冬場は土の中に埋めて保存することもできます。

玉ねぎの保存方法

玉ねぎは湿度が高いと傷みやすいので、風通しが良くあまり高温にならない場所にネットやかごに入れて保存します。直射日光が当たる場所も避けましょう。軒下に吊るして保存する方法もあります。夏場に冷蔵庫の野菜室で保存する場合は新聞で包むなどして保存し、湿らないように定期的に新聞紙を交換しましょう。

葉野菜の保存方法

葉野菜は軽く水洗い(水に浸す程度)して傷んでいる葉を取り除き適度に水を切ります。水分が多すぎると傷みやすくなります。ジッパー付きのビニールなど密閉できる袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。葉野菜は傷を付けると傷みやすいので丁寧に扱いましょう。冷凍保存する場合は一度軽く茹でてから水気をしっかりと切り冷凍します。フリージングパックなどの袋に入れ、平らにして冷凍すると扱いやすいです。

保温する場所について

常温で保存する場合は直射日光があたったり、高温多湿になるような場所は避け、冷暗所で保存するようにしましょう。湿気を嫌う物は風通りのよい場所を選びましょう。温暖な地域の場合、夏は気温が高温になるので、冷暗所が無い時は常温で保存可能な野菜でも冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

冷凍庫で保存する場合は、ある程度物が入っていると効率よく冷やせますが、冷蔵庫は詰め込み過ぎると効率よく冷やすことができず、電気代の無駄になるので気をつけましょう。また、冷蔵庫にタッパーを隙間なく積み上げると空気が循環せず、うまく冷やすことができなくなるので気をつけましょう。タッパー類は中身の見える物を使うと便利です。

保存する場所は常に清潔を保つようにしましょう。腐った物がそのままになっていたり周りにカビが生えていると傷みやすくなるので、こまめにゴミを取り除いたり汚れをふき取ったりしましょう。保存する場所に新聞紙を敷いておき取り替えるようにすると掃除が楽になります。

肉類、魚類、ご飯類の保存方法はこちら

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲