節約と金運の話

保険の節約について

保険の節約について、挿絵医療保険や生命保険は自分自身や家族が病気やケガなどで働けなくなった時や、万が一の時のために必ず入っておきましょう。お金がもったいないからと保険に入らずにいると、働けなくなった時や医療費を支払う時にせっかく貯めたお金を使うことになってしまいます。そうならないために、保険に加入しておくことが大切です。

自分や家族に見合った保険に入る

保険は保障が大きければ大きいほど安心ですが、保障額が増えるのに伴って保険料も増えるので、収入や家族構成などを考えそれぞれに合った保険に加入し無駄のないようにしておきましょう。また、将来の事もしっかり考えて保険に入るようにしましょう。終身保険などは年齢が低いうちに加入するようにしましょう。

独身の人は自分自身が死んでも経済的に困る人がいなければ、生命保険に加入する必要は有りません。医療保険は誰でも病気やけがで入院する可能性があるので加入しておきましょう。健康祝い金などがついている保険はその分保険料も増えるので避けましょう。

子供が居る家庭の場合は、子供が独立するまでは保障を大きくするようにしましょう。その場合は掛け捨てタイプや保険料が安い定期保険に加入し、子供が独立したら契約が終了するような計画を立てておきましょう。また、学資保険や個人年金なども年齢の低いうちに加入するようにしましょう。

女性の場合、結婚後に専業主婦になる場合や自身の収入が減る場合は保障を見直しましょう。収入が多い場合は高額な保障が必要ですが、収入が少ない人は保障を少なくして家計の負担を少しでも抑えるようにしましょう。

保険の内容はしっかり把握する保険の節約方法、挿絵

保険料は毎月支払うよりも年払いの方がお得なことが多いので、年払いがおすすめです。貯蓄目的で保険に入る場合は将来もらえる額などをしっかり確認し、途中で解約する場合事も考えて入りましょう。銀行などで預金する方がお得なこともあるのでしっかり計算してから検討しましょう。

最近では様々な保険があるので保険選びは大変ですが、近くの無料保険相談窓口などで相談しましょう。その場合、進められた保険を家族で話し合うなどして加入するようにしましょう。不安な場合は何軒か回ったりインターネットでの評価などを参考にして検討するようにしましょう。車の保険についても数社から見積もりを出してもらったり、2台目割引やインターネット割引などもあるのでしっかり確認しましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲