節約と金運の話

ご先祖様に感謝をし大切にする

日ごろから生まれてきたことや今生きていることのありがたさなど、ご先祖様に感謝するべき事を思い仏壇やお墓に手を合わせたり、きれいに掃除することが大切です。近くに仏壇やお墓が無い場合は年に何度かは足を運びお墓参りや仏壇に手を合わせるようにしましょう。その時は掃除をしてお花やお供え物もするようにしましょう。お墓や仏壇までいけない日はお墓の方角や天に向かって手を合わせ感謝の気持ちを伝えましょう。

金運のためだけに感謝するのではなく、必ずご先祖様に感謝をする気持ちを持って行動し、見返りを求めないことが大切です。普段の生活の中でとてもいいことが有った時や1日健康で過ごせた時、幸せを感じた時などに「いつもお見守りいただきありがとうごいます」「ご先祖様のお陰でいいことがありました、ありがとうございます」など心の中で感謝の言葉を唱えるといいでしょう。

ご先祖様を大切にすることも大切ですが、生存している家族に対しても感謝をし大切にしましょう。人はいつ人生を終わるかわからないので、日ごろから感謝の気持ちを言葉で伝えたり、大切にする行動をしていくようにしましょう。そして、子供にご先祖様や家族を大切にする気持ちを持つことを教えたり、自ら行動する姿を見せて伝えるようにしましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲