節約と金運の話

節約を始める前に現在の状況を把握する

節約を始める前に現状を把握する、挿絵まずは自分に合った方法で現状を把握する

節約の計画を立てるためにはまず家計の現状を知ることが大切です。家計を把握するのに一番わかりやすいのは1〜3ヵ月程度、家計簿を付ける事です。ですが、節約が苦手な人には家計簿を付けるなどの細かな作業が苦手な人が多いので、その場合は買い物のレシートを1ヵ月取っておきまとめに計算したり、簡単なメモ程度で済ませるなど大まかでも把握できるように工夫しましょう。はじめから面倒なことをしてしまうと長続きしないので、自分に合った方法で始めましょう。

家計簿を付けることは家計の現状を知り節約意識が高まったり、節約の成果を知り励みになったりなどともて役立ちますが、家計簿を付けるのが苦手な人にとっては家計簿がストレスになり節約が嫌になってしまうこともあります。家計簿を付けるのが苦手な人は面倒と思うかも知れませんが、現状を把握するためには最低1ヵ月だけでも頑張って付けてみましょう。その後現状を把握し無駄な部分や節約する部分、毎月の予算を決めてしまえば、その後家計簿を付け無くても大丈夫ですが、できる限り続け節約の成果を確認し励みにしていきましょう。家計簿はノートに簡単にメモをする方法や、パソコンやDSなどのゲーム機を利用する方法、市販の家計簿を買ってきて記入する方法などどんな方法でも構いません。

節約する項目を決める

節約前の現状を把握する、挿絵現状が把握できたら無駄な部分や節約できそうな部分を探しましましょう。初めから大幅にカットし過ぎるとストレスがたまるので、節約が達成できそうな範囲で決めましょう。毎月決めた目標を達成し達成感を感じることも節約を成功させるためには大切です。そして、ストレス解消になる趣味や好きな事などにかかるお金もカットし過ぎないようにしましょう。カットする部分が決まったら予算を表にして計算して、毎月の貯金額を決めましょう。もし、最大限無駄を省いても赤字になる場合は、まずは収入を増やすことを考えましょう。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲