節約と金運の話

カードは上手に使って節約しよう

カードを上手に使って節約、挿絵クレジットカードやポイントカードは上手に使うと、ポイントや割引で大幅な節約につながります。しかし、クレジットカードは気を付けて使わないと、つい使い過ぎてしまう可能性があります。クレジットカードを持っているとつい使い過ぎてしまうと言う人は、カードは使わず現金で支払うようにしましょう。下記にはカードの上手な使い方について紹介しています。

クレジットカードは1枚だけ使う

クレジットカードはよく行くお店の物(入会金や年会費が要らないカード)かポイントや割引特典が多く、保険がついている物を選びましょう。店によってクレジットカードを利用すると割引になったり、ポイントが何倍も付く事があったりなど特典は様々です。クレジットカードの公式サイトで割引やクーポンの紹介をしているので、確認してみましょう。カードは数枚を使い分けるよりも、1枚を上手に使うことで使い過ぎを防ぐことができ、使った額の把握も楽になります。クレジットカードの使用額を把握するためにレシートはとっておき、締め日に合計額を計算したり、使い過ぎてい中月の途中で確認したりしましょう。

クレジットカードの利用限度額は最低限にしておく

クレジットカードはつい使い過ぎてしまい、支払いが出来なくなってしまうことがあります。そのような事態を避けるために、限度額をそれぞれの家庭に有った額に下げておきましょう。もし、利用限度額いっぱいに使ってしまい足りない場合でも、利用限度額をあげず足りない分は現金で支払うようにしましょう。利用限度額は下げることは簡単ですが上げるのは手間がかかるので、よく考えて利用限度額を決めましょう。

リボ払い、利息の付く分割払いはしない

カードの締め日後に支払額が多いからと簡単にリボ払いにしてしまうと、利息がかかってしまうのでリボ払いや利息のかかる分割払いは絶対に避けましょう。リボ払いをしなくて済むように、限度額を下げるか使った額をしっかり把握しておきましょう。ついリボ払いにしてしまう人は、カードを使わない方がいいかもしれません。

クレジットカード、ポイントカードで節約、挿絵ポイントカードは良く使う店の物だけ作る

ポイントカードをたくさん持っていても、結局は貯めきれず期限切れで使えなかったり、どれがどこのカードかわからなくなってしまいます。そうならないために、よく行くお店のポイントカードだけを作り使うようにしましょう。財布のカード入れにカードが入りきらない場合は、まとめて財布の中に入れるのではなく、持ち運べる小さなカード入れに整頓して入れておきましょう。期限のあるポイントカードは分けて把握し、定期的にチェックしておくと無駄になってしまうこと防げます。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲