野菜の食べられる部分まで捨てていませんか?

野菜くずのレシピ 食費編

野菜を料理するときまだ食べられる部分を知らずに捨ててしまっているのはすごくもったいないです。今まで捨ててしまっていた部分を使えば、おかずをもう一品作ることができるのです!今まで捨てていた部分を使った簡単レシピも紹介しています。

野菜を最大限に使っておいしく節約しよう!

皆さんは野菜を調理するときに野菜の皮や葉っぱどうしていますか?ほとんどの人は捨ててしまっているのではないでしょうか。実は野菜の皮や葉っぱなど今まで捨ててしまっていた部分は、おいしく食べることができるのです。

最近の野菜は品種改良で昔に比べて味がやさしくなったり全体的に柔らかく食べやすくなったりしているので、皮や葉っぱの味も臭みが減っています。なので、皮や葉っぱもとても食べやすくなっているのです。また、野菜の皮や葉っぱは栄養価がたかいので、捨ててしまっては本当にもったいないですね。

今回は野菜を最大限活用して上手に食費を節約できるレシピを紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしおいしく節約してくださいね。

野菜の葉っぱを使って簡単栄養たっぷりレシピ

最近はスーパーであまり葉っぱ付きの野菜を見かけなくなりましたが、見かけたときはぜひ葉っぱ付きの野菜を買ってほしいなと思います。葉っぱ付きで買った野菜は、そのままにしておくと傷みやすく味も落ちてしまうので、早めに葉っぱを切り落としましょう。下記には野菜の下手から葉っぱを育てる再生栽培方法も紹介しているので、上手に育ったらぜひ調理して味を楽しんでみてください。

おいしい野菜の葉っぱで代表的なものは大根の葉、カブの葉、キャベツの外側の葉、白菜の外側の葉、セロリの葉、ニンジンの葉です。これらを使った簡単レシピを紹介します。

野菜の葉を使ったふりかけ

食材をきれいに洗いフライパンなどにゴマ油かサラダ油と食材を入れ弱火で良く炒めて水分を飛ばす。塩や醤油、酒などお好みの調味料で味付けをする。鰹節、唐辛子、胡麻、ちりめんじゃこなどを入れてもおいしいです。

野菜の葉を使ったあえ物

食材をきれいに洗い沸騰したたっぷりのお湯に塩を一つまみ入れたら食材を入れて茹でます。ゆで時間は食材が硬いので少し長めに茹でましょう。湯を切ったら醤油、砂糖、塩コショウ、ごま油、マヨネーズなどお好みの調味料で合えましょう。ツナ、ハム、カニカマ、塩コンブ、こんがり焼いた鶏皮などと一緒に合えてもおいしいです。

その他には細かく刻んでチャーハンに入れたり、甘辛く煮て佃煮にしたり、みそ汁の具や天ぷらやかき揚げの具などとてもおいしくておすすめです

野菜の葉は葉物野菜と同じように調理して食べることができるので、いろんな料理に使って食費の節約に役立てましょう!

野菜の皮を使った簡単レシピ

野菜の皮は野菜の中で栄養価が高い部分でうま味も多く含まれているのでぜひ捨てずに食べてみてください。使う時はきれいに洗ってから使うようにしましょう。野菜の皮でおいしいのは大根の皮、カブの皮、ニンジンの皮です。

野菜の皮の甘辛きんぴらレシピ

食材はよく洗って土を落とし水を切り、千切りなどの食べやすい形に切り揃えます。ごま油かサラダ油で炒め、醤油、砂糖、みりんで味を付けます。お好みで鷹の爪やゴマを入れましょう。

野菜の皮でとるうま味がたっぷりのだし汁

鍋に野菜の皮と水を入れ10分程度煮たら、ざるでこしたら出来上がりです。スープやカレー味噌汁など様々な料理に使うことができます。

その他には野菜の皮を使った天ぷらやかき揚げや、チャーハンの具やみそ汁の具にもおすすめです。

ブロッコリーの茎、キャベツの芯だっておいしく食べられます

ブロッコリーの茎、キャベツの芯は筋があるのでそのままでは食べにくいですが、筋や川の硬い部分を取り除いて調理をすると甘くておいしいのでもう捨てられなくなります。

野菜の芯や茎は炒め物やみそ汁、スープがおすすめです!

ブロッコリーの茎は皮が硬いので少し厚めに皮をむき中の柔らかい部分を使います。キャベツの芯はそこの部分が痛みやすいので、痛んでないか確認しましょう。キャベツは芯の部分から痛み始めるので、早めに芯をくりぬき食べるようにしましょう。芯を取った部分に湿ったキッチンペーパーやティッシュを詰めておくとキャベツが長持ちします。炒め物に使用する場合は一度茹でてから使用すると、とても食べやすくなります。

ネギの青い部分は臭み取り名人!

少し硬いネギの青い部分はネギ味噌や肉の臭み取りなどに使うことができます。

ネギ味噌はネギの青い部分をみじん切りや小口切りにし、油を敷いたフライパンで炒めます。しんなりしたり味噌、砂糖、醤油、みりん、酒などの調味料を入れ、弱火で炒めながら水分を飛ばします。

臭み取りに使う時は表面を軽く水で洗い、刻まずに長い状態で肉を茹でる時に一緒に入れたり、下味を付ける時に一緒に付け込んでだりして使います。

ネギの青い部分は冷凍保存ができるので、残ったときは捨てずにラップやフリーザーバックなどで冷凍して保存しておきましょう。

大根の葉、カブの葉、ニンジンの葉を再生して食べよう!

大根やカブ、ニンジンはへたの部分を厚めにカットし、カット部分を水に浸しておくとまた葉が生えてくるのです。生えてきた葉っぱは食べることができるので、へたは捨ててしまわずに再生栽培をしてみましょう!

栽培方法は、水を1~2日に1度は取り替えぬめりが発生していたらきれいに洗い流しましょう。日のあたる場所がおすすめですが、夏場は水が熱くなり雑菌が発生しやすいのでこまめに水をかえるなどして注意しましょう。