肉と魚の鮮度を長持ちさせる保存方法

肉と魚の保存方法 食費編

肉類、魚類はそれぞれに保存に適した温度や保存方法があり、ひと手間加えることで食べる時まで美味しく保存できる方法を紹介しています。

上手に保存すればおいしく節約できます!

どんな食材もまとめ買いをすると節約になることが多いのですが、まとめ買いをするとどうしても鮮度が落ちてしまい、すべてをおいしく食べることができないので、まとめ買いを控えてしまう人は多いのではないでしょうか。

そこで、今回はまとめ買いをしたときに役立つ、肉、魚をおいしく長持ちさせる保存方法を紹介したいと思います。肉や魚は真空パック保存をするのが一番鮮度が長持ちしますが、今回はその方法以外を紹介しています。

肉類、魚類にはそれぞれに保存に適した温度や保存方法があり、ひと手間加えることで食べる時まで美味しく保存できるのです!まとめ買いだけでなく普段から上手に保存することで、食材を無駄に捨ててしまうことも減り、食費の節約につながりますね。

また、冷凍保存するときは調味料を加えたり、カットしたりするだけで調理する時の手間を省くことができるのでとても便利です。下記には主な保存方法を紹介しています。上手に利用して節約生活に役立てましょう。

ひき肉、細切れ肉を長持ちさせる保存方法

ひき肉や細切れ肉は傷みやすいので、購入後は素早く衛生面に気を付けて処理をすることが大切です。

 

まず、ひき肉や細切れ肉のドリップ(肉から出た汁)を取り除いたら、キッチンペーパーで軽く表面の水分も取ります。ラップやジッパー付きの袋などに入れ、できるだけ空気を抜きま、冷蔵庫のチルド室かパーシャル室で保存をしましょう。チルド室かパーシャル室以外の冷蔵庫で保存する場合は、傷みやすくなるので早めに使いましょう。

ひき肉や細切れ肉を冷凍保存する場合は、上記の処理をしたものをできるだけ平らにして、冷凍庫の中にアルミ板や金属製のトレーやバットなどを入れて冷やします。冷凍庫で冷やしておいたアルミ板や金属製のトレーやバットの上においたり、保冷剤を上にのせるなどして早く凍らせると、氷の結晶が大きくならないので美味しく冷凍することができますそ鮮度を保つことができます。冷凍後に分けて使う場合は、箸などで分け目を付けておくと便利です。

ひき肉の保存方法

ひき肉は冷凍してもすぐに解凍できるので、新鮮なうちに冷凍するのがおすすめです。ひき肉は味付けをして火を通すなどの調理してから保存すると便利ですし、細切れ肉の場合は前もって調味料に漬けた状態で保存すると、調理した時に味が良くしみ込んで美味しく食べられます。

ステーキ肉、薄切り肉、ブロック肉を長持ちさせる保存方法

塊肉、ステーキ肉の保存方法

ステーキ肉、薄切り肉、ブロック肉を長持ちさせるを名が燃させるにはまず、ドリップ(肉から出た汁)を取り除き、キッチンペーパーでお肉についている水分も適度に拭き取ります。ステーキ肉の場合は1枚ずつ、ブロック肉はひとかたまりずつ、薄切り肉の場合は数枚まとめてラップに包み、できるだけ空気に触れないようにして包みます。あとはジッパー付きの袋などのビニール袋に入れ冷蔵庫のチルド室かパーシャル室に入れて保存します。これだけで、お肉のおいしさが長持ちします!

ステーキ肉、薄切り肉、ブロック肉を長持ちさせるを冷凍する場合は、上記の下処理をしてビニール袋に入れずラップにくるんだ状態で、素早く冷凍できるようにできるだけ平らな状態にして冷凍庫に入れます。冷やした金属製のトレーバット等の上に置き冷凍をするとおいしく冷凍できます。凍ったらフリージングパックなど密閉できる袋に入れて冷凍庫で保存します。冷凍し始めたら冷凍庫の開け閉めも極力控えましょう。

薄切り肉は冷凍前に調味料に浸しておくと調理する時に手間が省け、味がしみ込むので美味しく食べられます。

ブロック肉を冷凍保存する場合は、切り分けてからステーキ肉や薄切り肉と同じように冷凍しましょう。塊のまま保存したい場合は、茹でるなどの調理をしてから冷凍しましょう。

鶏肉(胸、もも、ささみ)、魚の切り身をおいしさを長持ちさせる保存方法

鶏肉や魚の切り身は大変傷みやすいので、きれいな場所で素早く処理をしましょう。まず、鶏肉や魚の切り身は冷蔵保存する場合はドリップ(肉や魚から出た汁)を取り除き、キッチンペーパーで表面についているドリップも適度に拭き取ります。ラップでなるべく空気に触れないように包み、ジッパー付きの袋などのビニール袋に入れ冷蔵庫のチルド室かパーシャル室に入れて保存します。

鶏肉や魚の切り身を冷凍する場合は、冷蔵保存の下処理をしてビニール袋には入れずラップのまま、できるだけ平らな状態にします。冷凍庫で冷やしたアルミ板や金属製のトレーやバット等を使用して冷凍をします。上からもアルミ板や凍った保冷剤等で冷やすとさらに早く凍らすことができるので、おいしさを保つことができます。凍ったらフリージングパックなど密閉できる袋に入れて冷凍庫で保存します。冷凍し始めたら冷凍庫の開け閉めも極力控えましょう。

魚の干物をおいしく長持ちさせる保存方法

魚の干物は切り身などに比べて長持ちしますが、上手に保存をしないと味がだんだんと落ちてしまいます。干物を保存するときは一枚ずつできるだけ空気に触れないようにラップで包みます。何枚かまとめてジッパー付きの袋に入れ密閉し、冷蔵庫のチルド室かパーシャル室で保存すると、おいしさを長く保つことができます。

干物を冷凍する場合は1枚ずつラップで包み、冷凍庫で冷えたアルミ板や金属製のバットやトレーの上で冷凍します。凍ったらフリージングパックに入れ密閉し、冷凍庫で保存しましょう。

ウインナー、ソーセージ、ベーコン、ハムをおいしく長持ちさせる保存方法

ウインナー、ソーセージ、ベーコン、ハムは全体的に消費期限は長いですが、開封するととても傷みやすいので、上手に保存する必要があります。

真空パックしてあるものや未開封のものは手を加えずそのまま冷蔵庫のチルド室やパーシャル室で保存しましょう。開封後やトレイなどで売っているものは劣化が早いので、ラップで空気になるべく触れないようにしっかりと包み、冷蔵庫のチルド室やパーシャル室で保存し、消費期限にかかわらず早めに使い切りましょう。

ウインナー、ソーセージ、ベーコン、ハムは冷凍すると品質が劣化するのであまりおすすめはできませんが、ラップ等でできるだけ空気に触れないように小分けにし、アルミ板等を使って急速冷凍してから、フリージングパックで密閉し冷凍しましょう。

肉や魚は食中毒に注意!

肉や魚は常温に長く置いておくとすぐに傷み始めるので、購入後や処理をするときは注意してください。冷蔵庫で無調理で保存する場合はかならず記載してある消費期限を守りましょう。また、冷凍した場合の賞味期限は2~3週間です。冷凍していてもだんだんと品質は低下していくのでできるだけ早く消費するようにしましょう。もったいないからとどんどん冷凍ばかりしていると、無駄な食材の電気代を支払うことになってしまうので、冷凍している物を確認して使い切るようにしましょう。