野菜を上手に保存して長持ちさせる方法

野菜を長持ちさせる保存方法 食費編

それぞれの野菜に合った温度や方法で保存することで、野菜の鮮度を長持ちさせることができます。野菜の上手な保存方法について紹介しています。

野菜を上手に保存するだけで食費の節約になります!

お店で買ってきた野菜をそのまま野菜室に入れてしまうと、すぐにしなびてしまったり柔らかくなってしまいませんか?傷みが早いとなかなか使い切れず捨ててしまう人も多いのではないでしょうか。

実は食材にはそれぞれ保存に適した温度や保存方法があり、野菜を上手に保存しておくと日持ちがとてもよくなり、おいしく食べられる期間も延びるので、腐らせて無駄に捨てることも少なくなり食費の節約につながります。

今回は主な野菜の上手な保存方法を紹介していますので、つい安くて買い過ぎてしまった時やたくさんもらいものをした時などに役立てましょう。

野菜は基本的に生えている状態で保存しましょう。そうすることで、野菜が元に戻ろうとするエネルギーを使わないので、糖分の減少を抑えることができ、おいしい状態を長く保つことができます。

上手に保存していてもやがて痛んでしまうので、傷みそうな物から食べるように献立を工夫することも大切ですね。

キュウリを長持ちさせる保存方法

きゅうりはビニール袋のまま冷蔵庫の野菜室に入れてしまうと、結露した部分からすぐに傷んでしまうので、買ってきたらすぐに処理することを大切です。

きゅうりを長持ちさせるにはまず、キュウリの表面を水で軽く洗い水気を拭き取り、乾いたキッチンペーパーや新聞紙できゅうり同士が接触しないように包みます。1本ずつまたは数本まとめてラップで包むかビニール袋に入れなるべく空気が入らないようにして冷蔵庫の野菜室で保存します。キュウリを包む物はティッシュでも代用できます。保存中にペーパーやティッシュが湿ってきたら取り替えてください。

この方法で保存をするときゅうりがパキっとした状態を長く保つことができます。

きゅうりは最適な保存温度が10度前後なので、室温が10度程度の場所や気温の低い冬場は常温保存ができます。

キャベツを長持ちさせる保存方法

キャベツの保存方法

キャベツは芯が早く痛むので、図のように芯の周りに包丁を中心に向かって刺し、芯をくり抜いてしまいます。くり抜いた部分に脱脂綿やキッチンペーパー、ティッシュ等に水を含ませて詰めます。キャベツを丸ごと大きめのビニール袋に入れるか新聞紙で包み、くり抜いた部分を下にして冷蔵庫の野菜室で保存します。長期間保存する場合は詰めた物が乾く前に新しい物に詰め替えましょう。

キャベツを使うときは半分に切って使うのではく、外葉から順番に剥がして使うことで長く新鮮に保つことができます。

キャベツの保存は水分を保つことが大切です。、すでにカットしてある物を購入した場合は切り口からどんどん水分が蒸発してしまうので、必ずラップで包むかビニール袋で密閉し、早めに使い切るか千切りやざく切りにして冷凍保存をしましょう。

大根を長持ちさせる保存方法

大根は葉がついているとそこから水分が蒸発してしまうので、購入後は早めに葉を残らず切り落としましょう。大根全体を少し湿らせた新聞紙かラップに包んで冷蔵庫や野菜室には入れず冷暗所で立てて保存しましょう。大根に土が付いている場合は土を落とさずそのまま新聞紙で包んで冷暗所で保存すると長持ちさせることができます。カットしてある大根の場合は、カット面が空気に触れないようにラップで包み、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

大根を冷凍保存する場合は、少し硬めに茹でてフリージングバックに入れるか、すりおろしまたは細かくカットしてフリージングパックに入れ、アルミ板など鉄の板の上で急速冷凍し冷凍保存しましょう。

大根の葉を保存する場合は、傷みやすいので茹でてから冷凍保存がおすすめです。

ネギを長持ちさせる保存方法

ネギの保存方法

ネギは枯れた葉が付いていたら取り除き、新聞紙またはラップで包んでから冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。ネギが長くて野菜室に入らない場合は青い部分と白い分で切り分けて保存しましょう。その場合は乾燥を防ぐためにラップでの保存がおすすめです。土付きのネギや根っこが付いているネギは、白い部分まで土に埋めておくと長持ちします。

ネギを冷凍保存する場合は、小口切りにしてフリージングパックなどに入れ、扱いやすいように平らにしての冷凍がおすすめです。ネギが固まった状態で冷凍するとネギ同士がくっついてしまい扱いにくくなります。切った後にしばらくネギの水気を切ってから保存してもいいでしょう。

イモ類(じゃがいも、さつまいもなど)を長持ちさせる保存方法

イモ類は基本的に常温保存をします。イモを購入したビニール袋のまま保存すると、結露をおこしてしまいそこからすぐに傷んでしまうので、必ずビニール袋から出し洗わずに、新聞紙に包んでからビニール袋に入れるか、段ボールや麻袋に入れてから直射日光があたらず風通しの良い冷暗所で保存します。イモは湿気に弱いので、定期的に新聞紙を変えたり風を通し、イモ同士があまりくっつかないように保存しましょう。

室温が高くなる夏場は傷みやすいので、冷暗所や涼しい場所が無い場合は、新聞紙等で包み冷蔵庫の野菜室で保存します。

イモに水分が付くと腐りやすくなるので、湿っている場合は乾燥させてから保存しましょう。

ごぼうを長持ちさせる保存方法

ごぼうは適当な長さに切りキッチンペーパーや新聞で包んでから、ジッパー付きのビニール袋などのビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。土付きの場合は新聞紙で包み、冷暗所に細い方を下にして立てて保存します。

冷凍保存する場合はささがきや薄切りなどにしてからあく抜き、そのまま又はゆでてからフリージングパックに入れての冷凍がおすすめです。

ニンジンを長持ちさせる保存方法

ニンジンは新聞紙やキッチンペーパー等で1本ずつ包み、ビニール袋やポリ袋などに入れて冷暗所で保存するか冷蔵庫の野菜室に入れます。ニンジンは傷みやすいので夏場は冷蔵庫の野菜室に入れましょうす。

人参に葉っぱがついている場合は、葉の根元から切り落として保存しましょう。冬場は土の中に埋めて保存することもできます。

冷凍保存する場合は、使いやすいようにカットしてフリージングバックに入れるか、茹でてからフリージングバックに入れるのがおすすめです。

玉ねぎを長持ちさせる保存方法

玉ねぎは湿度が高いと傷みやすいので、風通しが良くあまり高温にならない場所にネットやかごに入れて保存します。直射日光が当たる場所もすぐに傷んでしまうので避けましょう。雨が当たらない軒下に吊るして保存する方法もあります。

夏場に冷蔵庫の野菜室で保存する場合は新聞で包むなどして保存し、湿らないように定期的に新聞紙を交換しましょう。

カットした玉ねぎは切り口が乾燥しないようにラップで包み、保存用のビニール袋に入れてから冷蔵庫にいれましょう。

葉野菜の保存方法

葉野菜は軽く水洗い(水に浸す程度)して傷んでいる葉を取り除き適度に水を切ります。水分が多すぎると傷みやすくなります。ジッパー付きのビニールなど密閉できる袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。葉野菜は傷を付けると傷みやすいので丁寧に扱いましょう。冷凍保存する場合は一度軽く茹でてから水気をしっかりと切り冷凍します。フリージングパックなどの袋に入れ、平らにして冷凍すると扱いやすいです。

野菜を保存する場所について

ほとんどの常温で保存できる野菜は湿気や高温に弱いので、直射日光があたったり、高温多湿になるような場所は避け、風通しの良い冷暗所で保存するようにしましょう。温暖な地域の場合、夏は気温が高温になるので、冷暗所が無い時は常温で保存可能な野菜でも冷蔵庫の野菜室に保存した方が野菜が長持ちします。

カット済みの野菜は傷みやすいので野菜室ではなく、冷蔵庫に保存して早めに使い切りましょう。

野菜を保存する容器は常に清潔を保つようにしましょう。腐った物がそのままになっていたり周りにカビが生えているとそのあとに入れた野菜が傷みやすくなるので、こまめにゴミを取り除いたり汚れをふき取ったりしましょう。保存する場所に新聞紙を敷いておき取り替えるようにすると掃除が楽になります。