無駄な物を買わなくなる方法

無駄なものを買わなくなる方法 買い物編

誰でも欲しいと思ってしまうと無駄な物なのか無駄ではないのか判断ができなくなってしまいます。無駄なものを買わなくなる方法を実践すれば、自然と無駄なものを買わなくて済むようになれるので、無駄遣いで困っている人はぜひ始めてみましょう。

節約上手さんは無駄なものを買わない

今までに安いからと購入してみたものの、結局使わずに捨ててしまったという経験をした人は多いと思います。特に節約をしている人ほど、安さにひかれて買ってしまう傾向にあります。

お金が上手に貯められる人の多くは、無駄な物は買わず良い物を大切に長く使う習慣が身についていて、家も無駄な物が無く整理整頓されています。

どんな物やどんな行動が無駄な買い物につながるのか、無駄な買い物をしないための方法を紹介して行きたいと思います。

一番危険な『見切り品』や『セール品』

節約中の『見切り品』や『セール品』はとても魅力的で、普段よりかなり安く購入できる場合が多いのでつい買ってしまいがちですが、『見切り品』や『セール品』には落とし穴があるので気を付けなければなりません。『見切り品』に多い食料品の場合、ほとんどが期限間近で買い過ぎてしまうと使い切れず捨ててしまったり、味に飽きてしまったりなどで捨ててしまうことがあります。安く買っても結局無駄になってしまいます。安いのでたくさん買いたい気持ちはよーくわかりますが、よく考えて使える量を購入するようにしましょう。特に冷凍できない野菜類や消費期限の近い物には気をつけましょう。

『セール品』に多い衣料品の場合、安いからと普段着ないデザインのものや今季の流行りのデザインのものは、買ってもほとんど着ないです。おそらくこれは多くの人が経験していることだと思います。『セール品』を買う時はいつも着ているデザインに似ているものや来年も着られるデザインで、気に入った物だけを買うようにしましょう。『セール品』は良い物の場合すぐに売れてしまうので、焦りを感じ正常な判断ができないまま買ってしまうこともあるので、そうならないために、迷ったら買わない方がいいでしょう。

お腹が空いているときに買い物に行かない

あるあるですがお腹が空いているときに食べ物を買いに行くと、いろんなものが美味しそうに見えてつい買い過ぎてしまいますよね。特に食べることが大好きな人は要注意です。そうならないために買い物に行くときは必ず食後に行くようにしましょう。それだけで、余分なものを買わなくて済みますし、食後の運動にもなるので一石二鳥ですね!

財布の中身もチェック!

財布にお金がたくさん入っていたりクレジットカードやキャッシュカードが入っているとつい気が大きくなって買い過ぎてしまいます。これは人間の心理上仕方ないことなのですが、はじめから持っていなければ買い過ぎることもなくなります。なので、買い物に行くときは、使うと決めた額だけを入れてキャッシュカードやクレジットカードは家に置いて行くようにしましょう。

家電製品は保障の有る物選ぶ

最近は安い家電製品がたくさんありますが、あまりに安い物と中には保障がない物や、壊れやすい物があります。そのような家電製品を買ってしまうと、安物買いの銭失いになってしまう可能性が高いので、家電製品を買う場合は保障があり、しっかりしている物(レビュー等を参考にする)を選ぶようにしましょう。家電製品は店によって値段や値引き額が変わってくるので、気に入ったからとすぐに購入せず、何店舗か回って見たりインターネット通販で探してみるとさらに安く購入できることも有ります。家電製品は長く使える良い物を選ぶようにしましょう。

無理なローンを組まない

車や家電製品を購入するときは、なるべくローンを組まずに購入できる物を選ぶか、前もって購入代金を貯めてからにしましょう。無理なローンを組むと家計を圧迫し、赤字になり破たんしてしまうかもしれません。また、生活やお金にゆとりがなくなると心にもゆとりがなくなる人が多いので、無理なローンだけは避けましょう。