医療費を節約するために一番大切なこと

医療費の節約 医療費編

病気やケガでかかる医療費は思いの外高額で、頑張って節約していても、医療費であっという間に貯めたお金が消えてしまったなんてことはよくあることですが、そうならないために大切なことを紹介したいと思います。

医療費を節約する一番の方法

けがや病気をすると思いの外高額な医療費がかかるので、せっかくを頑張って節約して貯めたお金を使うことになってしまいます。また、普段から体調を崩しやすい人は医療費がかさみもったいないですよね。

医療費が節約できる一番の方法は『健康』です!誰でもわかることですが、健康を維持するのってなかなか難しいですよね。今回は毎日少しの心がけや健康になれる習慣を身に付けることで健康が維持に役立つ方法をいくつか紹介していきたいと思いたいと思います。

あまりお金や手間のかからない方法を中心に紹介していますので、ぜひ実践して医療費を節約しましょう!

また、病は気からと言うように、心が病んでいると病気に罹りやすくなるので、いつも前向きに無理のない節約生活を楽しむように心がけましょう。

まずは健康維持の基本を実践して習慣化してみよう!

健康維持の基本と言えば『バランスの良い食事と適度な運動』ですが、これだけを聞くと手間もかかるし時間もないから無理と思う人は多いのではないでしょうか。

実はそんなに難しいことではないのです!おそらく無理と思った方のイメージとしては『野菜たっぷり完璧な食事』や『ランニングなどのハードな運動』などちょっとハードルが高いイメージを思い浮かべたと思いますが、もっと手軽に簡単にできることを続けるだけで健康な体を維持することは可能です。

まずはバランスの良い食事ですが、毎日簡単にできる野菜スープや野菜の味噌汁を飲んだり、適当に切った野菜のサラダを食べたりするだけで食事のバランスはよくなりますし、何種類も食べる必要はなく安い野菜を中心に1、2種類で十分に栄養は補えます。あと食事に関しては、夜遅くや眠る直前の食事を控えることも健康維持には欠かせません。眠る直前に食事をすると胃腸に負担がかかるので、できるだけ避けるようにしましょう。

次に運動ですがわざわざ外出する必要はありません!家の中でできるストレッチやラジオ体操を毎日続けるだけで体にはとても良い効果があります。大切なのはできるだけ毎日コツコツ続けることです。特に肩こりや腰痛がある人や、疲れやすい人は体の筋肉をほぐすだけで症状が軽減することがあるので、毎日少しの運動でシップや鎮痛剤などの医療費が節約できる可能性は十分にあります。

このように毎日続けられることを続けていくだけでも健康の維持にとても役立ちます。まずはできることから始めてみましょう!

健康維持には欠かせない睡眠!

睡眠は人間にとってとても大事なことで、睡眠不足になると体だけでなく脳にも影響がりますしストレスを感じやすくなってしまうのです。また、睡眠不足が続くと生活習慣病やうつ病、アルツハイマー型認知症など様々な病気になる可能性が高くなります。

毎日7時間程度の睡眠をとっている人はそれ以外の人に比べ生活習慣病の罹患率が低く、死亡率も低くなるという研究結果もあるので、健康維持に睡眠は大きく関係していることがわかりますね。

またしっかりと睡眠をとることは健康維持に役立つだけでなく節約にもとても有効なのです。寝ていればテレビや照明器具を使うことはないのでその分節約ができるというわけです。

なかなか寝付けない人は眠る少し前に運動をしたり、体内時計に影響を与えるスマホやテレビのブルーライトを見ないようにするなどの対策をしてみましょう。また、眠れなくても横になってめを瞑って楽しいことを考えたり音楽を聴くだけでも脳がリラックスできるのでお勧めです。

健康維持におすすめの食品ランキング!

1位:大豆

大豆には食物繊維、ビタミン、カルシウム、鉄など様々な栄養が含まれている他に、更年期障害や骨粗しょう症などに有効なイソフラボン、コレステロールの低下や細胞の活性に有効な大豆レシチン、抗酸化作用のある大豆サポニン、腸内環境の改善に役立つオリゴ糖なども含まれている栄養価の高い食べ物です。

大豆料理は煮豆、サラダ、スープ程度しかないですが、大豆加工食品には豆腐、納豆、あげ、味噌、きな粉などたくさんあるので、毎日続けて摂取することができます。健康のために毎日少しずつでも食べるようにしましょう。

2位:お酢

お酢には健康に役立つ酢酸やアミノ酸が含まれています。お酢には疲労回復、カルシウムの吸収を促進、血圧の上昇を抑える、血糖値の急上昇を抑えるなど健康に役立つ様々な働きがあります。お酢だけで摂取すると酸っぱくて飲み辛いので、料理に使用したりサワードリンクでの摂取がおすすめです。

3位:ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、腸内環境の改善に役立ちます。腸内環境が良くなると免疫力の向上や便秘の解消、がんの予防につながります。ヨーグルトは生きて腸に届く菌の物がおすすめで、1日に200g程度摂取するが望ましいとされています。ですが、毎日摂取するとなると金額が気になります。そこで、ヨーグルトメーカを使い自宅でヨーグルトを作ると、ちょっと値段が高い腸に生きて届く菌でも毎日続けて食べられると思います。ヨーグルトを自宅で作る際は衛生面に気をつけましょう。