節約を長続きさせるコツ

節約が長続きするコツ 簡単節約術

節約は我慢したり手間がかかったりでなかなか長続きさせるのは難しいですよね。でも、節約節約生活を長続きさせる方法はとても簡単で、コツさえつかんでしまえば誰でも無理なく長続きさせることができるのです。

なぜ節約生活は長続きしないのか

節約を始めるきっかけは『家計のため』だったり『地球環境のため』だったり人それぞれですが、節約生活を始めると思いのほか手間がかかったり我慢が必要だったりして、なかなか長続きしない人は多いと思います。

節約が長続きしない原因は手間や我慢からくるストレスが一番ですが、成果や結果が伴わないことも長続きしない大きな原因の一つなのです。

人間は目標を達成したり成果や結果を実感することで、達成感が得られます。この達成感を得ることで自信につながり次も頑張ろうと思えるようになるのです。例えばダイエットの場合、体重がどんどん減っているときは達成感が得られダイエットを頑張れますが、停滞期でなかなか体重が減らなくなると、達成感が得られずストレスを感じたり自信をなくしついドカ食いをしたりダイエットをやめてしまう人が多いのです。

このように節約生活を長続きさせるためには達成感が得られるようにすることが大切なので、節約生活で達成感を得るためのコツや効果的にストレスを減らす方法を紹介したいと思います。

節約を長続きさせるには目標の設定から

まずは節約生活で簡単に達成感を得られる方法ですが、節約生活で達成感を一番得やすいのが設定した目標をクリアすることです。

よく、節約を始めるときに『100万円貯める!』や『ローンの完済!』などハードルが高い目標を設定してしまいがちですが、このような高い目標はなかなか達成できず途中で諦めてしまったり、だらだら節約をしてしまう原因になってしまうのです。

最終目標は大きな目標でもいいのですが、まずは達成できそうな目標から始めることで、達成感を得ることができるので、節約生活のストレスを軽減でき長続きかせることができます。小さな目標でもだんだんと達成していけば、大きな目標にたどり着くことができます。

達成できる目標といっても簡単に達成できてしまう目標ではあまり達成感が得られないので、ある程度の達成が難しい程度の目標設定が大切です。

節約しないことも長続きさせるコツです

次に節約生活のストレスを減らすには生活に楽しさを残すことです。節約をするにはどうしても我慢や手間はかかってしまいますが、ストレス減らし少しでも楽しく節約生活をしていくためには、しっかりと節約をする部分と全く節約をしない部分を作ることで辛い我慢やストレスを減らすことができます。

例えば、外食が好きな人は外食費を節約しないようにしたり、お出かけが好きな人はレジャー費を節約しないようにしたりして、自分や家族が生活の中に楽しさを感じるために必要だと思う部分は節約をしないようにするだけで、節約のストレスを減らす効果があります。

しかし、節約しない部分にかかるお金が多くなってしまうと節約の意味がなくなってしまうので、最初に金額を設定したり家族で話し合ったりしてある程度の制限はしておくようにしましょう。生活の楽しみも大切ですが大きな夢や目標が後回しにしないように設定することが大切です。

家族の理解、協力は必須!

家族で暮らしている人が節約をしようとする場合、一人で頑張って節約をしても、家族が無駄遣いをしていれば何の意味もないですし、無駄遣いしている家族を見ているとイライラして、節約がストレスに感じてしまい家族の雰囲気も険悪になってしまうこともあります。

せっかくの節約が無駄にならず少しでも早く目標を達成するためには、家族の協力が欠かせません。しかし、家族にただ『節約して!』といったところで協力的に節約してくれる人は少ないと思います。家族に節約を協力してもらうためには家計の現状と今後の計画を知ってもらい、成果や目標を共有する必要があります。

現状を知ることで節約をすることの必要性がわかりますし、協力者に達成感を得てもらうことでさらに節約に協力的になってくれるでしょう。家族の見える場所に達成表をつくったり、毎月成果を報告したりなどだけで、家族に節約の意識を持ってもらうことができるのでぜひ試してみてください。このように家族と何かを協力しすることで、家族もやりがいを感じることができ、一体感が増しますしさらにコミュニケーションも増えるので家族の仲も良くなることでしょう。押し付けではなく同じ立場で頑張ることが大切です!

家族で節約について話し合うポイントについて

家族で節約について話すときは具体的にわかりやすく話し合うことが大切です。そうすることで、現状が把握しやすくなりますし節約についての理解が深まりより一層強力的になってくれるます。

家族で節約について話し合う時は下記のポイントについて話し合ってみましょう。

  • 現在の家計の状況
  • 無駄遣いをしていると思うところ
  • 節約ができそうなところ、節約してもよい所
  • 節約が無理なところ、節約をしない所
  • これからのライフプラン
  • 年間貯金額、将来の貯金予定額

上記のほかにも精神的な部分についても決めておくといいでしょう。例えば、、『無駄遣いをしてしまったときはどうするのか』や『一番頑張った人にはどうするのか』など失敗してしまった時でもそれぞれの精神的負担を減らしたり、ちょっとした設定で楽しさを増やすことができます。

話し合う前に家計の状況や参考資料などを用意すると話し合いがスムーズに進みます。話し合う際は押しつけるような話し方ではなく、みんなの意見をしっかりと聞きながら楽しく進めるようにしましょう。みんなで楽しく節約ができるように頑張りましょう。