節約と金運の話

暗い物は避け明るい物を選んで金運アップ

明るい色は陽の気が強く、暗い色は陰の気が強いと言われています。身の回りの色は総合的な運気や金運をアップに影響を与えているので、それぞれ場所に合った色を選ぶことが大切です。暗い色はなんにでも合わせやすく汚れも目立ちにくいので便利ですが、金運をアップさせるためには明るい色を選ぶようにしましょう。服だけでなく部屋のインテリアや小物類も出来るだけ明るい色を多くすると、運気の上昇や金アップになります。

すべての物を明るい色にすると陽の気が強すぎて落ち着かなかったり気がったったりするなどの影響もあるので、全体的に見て明るい色や暖色系のパステルカラーが多いようにするといいでしょう。茶色やグレーなどの暗い色も明るい色とバランスよく組み合わせて上手に使いましょう。

家の中はクリーム色や明るいベージュなど柔らかい白色は陽の気が強いのでおすすめです。白系は部屋が清潔に見えたり広く見える効果もあるのでおすすめです。白系だけでまとめてしまうのではなく他の色と上手に組み合わせて使いましょう。

トイレやお風呂、キッチンなど水周りは陰の気が強くなりやすいので、暖色系のパステルカラーがおすすめです。リラックスしたい場所には緑のパステルカラーやブルーのパステルカラーを使用してもいいでしょう。ここで注意したいのは赤色やオレンジで、この色は落ち着きたい場所や火の周りなどには向いていないので気をつけましょう。

色の選び方は難しいですが、ぱっと見て清潔に見える色選びをしましょう。家の中に暗い場所がある場合は、明るい色の物を配置するようにします。全体的な運気や金運は清潔な場所に寄ってくると言われているので、色選びも大切ですが、身の回りは整理整頓を心がけることも大切です。

当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2011 節約と金運の話. All Rights Reserved.
このページのトップへ▲